講評と星空の絵

ご訪問下さり

ありがとうございます

人形展から一週間が過ぎ

また静かな作業部屋に

戻りつつあります😊

My・クリエイティブドール展での

受賞を振り返ると

やはり奇跡が起きたような

そんな気がしています

と同時に

諦めずに続けていれば

いつか夢は叶う

やれば出来るんだと

実感した出来事でもありました✨

そうは言ってもこの先

簡単に賞を頂けるような

世界ではないので

今回頂いた講評やご感想などを

記念に書いて残しておこうと

思います😊


審査員の先生方の多くは

創作人形界を長年牽引して来られた

名だたる作家の先生方でした

だからこそというか 「阿佐ヶ谷美術専門学校賞」は とても名誉な賞でした ( ひょっとして 阿佐ヶ谷姉妹を 思い浮かべる方も いらっしゃるかも しれないけど... ( ⁎ᵕᴗᵕ⁎ )

♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢

作品タイトル「星空」講評

◆技術的な面

・デッサン力(正確に写しとる力)がある

・顔がきれい

・全体的な雰囲気が良い

・360度どこから見ても良い

・物語を感じる

・アニメのよう

・細部まで仕上がりがきれい

・色使いがいい

・眼球もきれいに入っている

・男の子の髪の毛は難しいのに

きれいに出来ている

講評は続いて

・純粋無垢な男の子だと伝わってくる

・清らかで透明感を感じる

・少年の気持ちを想像する

・少年の未来を空想したくなる

更に

敬愛する作家先生が

美しい言葉で表現して下さったので

抜粋して書き留めておきます

『少年の真っ直ぐな瞳が

純粋無垢さを強調していて

宇宙の果てまで見透かしたその瞳から

心に真っ直ぐと星空が降りてきて

心に映った星空は

足元の台座に写し取られて

透明な星空感がぐんぐん

キラキラ伝わってきた』

更に更にTwitterで頂いたご感想

『幾千万の星空を見上げる姿と

星の輝きに負けない瞳の輝きが

とても愛おしい

少年と青年を行き交う時期の彼が

数年後どんな大人に成長するか

楽しみです』

やはり

春馬くん本人が纏っているものが 美しいんですよね

人の心を動かしたのはきっと...

宇宙の果てまで見透かした瞳を持ち

地球での任務を一生懸命こなして

地上を駆け抜けて

天空を駆け廻って

これからも人々を魅了し続ける

天外者 「三浦春馬」くん

人形を作らせて頂いている間に

奇跡を起こしてくれて

賞まで頂く事が出来ました✨

感謝の気持ちをどうやって伝えたら

良いのでしょう...

♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢♢

◆星空の絵


星空の絵は意外にも簡単に描けます

以前トールペイントを

習った事がありまして

「スポンジング」という技法を用いて

どなたでも簡単に描けます

材料は

・白木の板やキャンバス

・アクリル絵の具を10色くらい

・スポンジとか海綿

・鉄筆 (楊子や綿棒でも)


ベースの黒をしっかり塗ってから

そこに黒に近い深い青色

紺色 青色 緑色など

スポンジにつけて

ポンポン叩くだけです


白色でたくさんの星を入れます

鉄筆(楊子や綿棒でも)で

点々と入れていきます

今回の星空には

オリオン座とスバルは

少年の道標として必須でした

キラキラと光るように

ラメも混ぜています

Youtubeで参考にさせて頂いた動画が

こちらです

Junya Art さん




動画でとても分かり易く

見せて下さってます✨

星空の絵

心が落ち着きます

おうち時間にいかがでしょうか😊✨